冬の凍結にご注意!!

2012.01.21 Saturday
0
    JUGEMテーマ:生活情報

     本日は24節気の大寒です。一年のうちでもっとも寒くなる時期といわれております。北海道では氷点下30℃を超えたところもあり東京では降雪など見られますが、全国的には平年より暖かいと感じます。
     来週からは寒波がやってきますので、真冬に逆戻りします。この時期から水道のパンクが増えます。昔ほど多くはありませんが、これも地球い温暖化が原因なのでしょうか?
     この時期は気を抜くと急に冷え込み、いつ凍結するか分かりません。凍結だけなら融ければもとに戻りますが、ひどいときにはパンクします。十分に注意しましょう。

     ここでアドバイス!!

     日頃から水道メーターや元栓の位置を確認しておきましょう。冬期は、積雪のため位置が分からなくなります。除雪するか、目印を立てるなど防護策も考えておいた方が良いです。
     万が一水道がパンクしたら、やることは2つ。一つは、修理を業者に依頼すること。もう一つは、これ以上水道料金が高額にならないように元栓を閉めること。

     パンクする時期は、同じ症状の修理が重なることもありますので、「即時対応してくれればラッキー」 ぐらいの気持ちで待ちましょう。そのためにも、元栓を締めで気持ちを落ち着かせることが大事です。

     大量に漏れた場合は、水道の減免申請ができることもありますので、修理業者に相談してみましょう。
    お得情報comments(0)trackbacks(0)|-|by 快適生活応援隊長

    温水洗浄便座

    2012.01.20 Friday
    0
      JUGEMテーマ:TOTO
       


       温水洗浄便座というと皆さんはピンとこないのではないでしょうか。
       一般的には「ウォシュレット」といえばだいたいの人がわかります。ウォシュレットはTOTO(以下TOTO)の温水便座の登録商標ですので、他社の商品は違った呼び方をします。言い方は違うもののどちらも温水洗浄便座のことを言っているのです。
       例を挙げますと、TOTOは「ウォシュレット(Washlet)」、LIXIL(旧INAX)は「シャワートイレ(Shower Toilet)、パナソニック電工は「ビューティ・トワレ」、ハウステック(旧日立化成工業)は「ファミレット(Familet)」など各社さまざまです。結論的には先駆のTOTOの商品名が一般的に定着したのかもしれません。
       最近は温水洗浄便座の普及もすすみ、どの家庭にも取り入れられるようになりました。各メーカーも省エネルギーをコンセプトとしたエコ商品を開発し、水量や電気量を従来よりも押さえられるようになってきました。耐用年数が過ぎ買い替えのお客様も増えてきています。
       現在では、他社のものでも設置が可能なものもあるので、商品のスペックを見ながら選定を検討されるのも良いかもしれません。ただ、同一メーカーの方が色あいなどの統一感もでるので、こちらをお勧めします。
       不明な点があればご相談に応じます(営業エリア内に限りますが。。。)
      お得情報comments(0)trackbacks(0)|-|by 快適生活応援隊長

      水道水の融雪利用について

      2012.01.18 Wednesday
      0
        JUGEMテーマ:水道
         
         雪が積もり道路では雪を融かす融雪(消雪)装置が効果を発揮しています。これを自宅内でやりたくなるのが人間の心理というもの。その分除雪の手間が省けますからね。
         でも、融雪に水道水を使用すると、水道料金だけでなく下水道使用料も加算され、料金が高くなりますのでくれぐれもご注意ください。
         また、水源も冬期は地下水の水位が下がるため渇水予防のためにも水道水は融雪に使用しないようにお願いします。

        お得情報comments(0)trackbacks(0)|-|by 快適生活応援隊長

        漏水

        2012.01.07 Saturday
        0
          JUGEMテーマ:水道

           いつもの月より急に水道の使用量が多くなったときは、地下や床下など、見えないところで漏水してる場合があります。
           宅内の蛇口を全部しめても、メーター器のパイロット(銀色の小さなコマ)が回っているときは漏水していますので、早急に滑川市指定給水装置工事事業者に修理を依頼してください。いったんメーターを通過した水量は、どのような場合の漏水でも使用者の負担になりますので、ご注意ください。
          お得情報comments(1)trackbacks(0)|-|by 快適生活応援隊長

          フェイスブックページはじめました

          2012.01.06 Friday
          1
          JUGEMテーマ:facebook

          Facebookページを公開しました。

          この名も
          株式会社清田工業〜快適生活応援します〜

          是非ともあなたの応援「いいね!」をお願いします。

          会社PRcomments(0)trackbacks(0)|-|by 快適生活応援隊長

          吉原様邸完成(キッチン)

          2011.12.02 Friday
          0
            吉原邸キッチン

            TOTO クラッソ

            《カラー仕様》
            扉デザイン:オプティベージュ
            カウンターカラー:ライトニンググレー
            フードカラー:シルバー
            キッチンパネルカラー:ライトベージュ

             ウォールキャビネットは背が低く届かないので不要とのご要望でした。その分再度にキャビネットを配置するなど収納を増やしました。調理器はIH機器を設置しましたが、ガスの炊飯器が使いたいとのことで、ガスコックも設けてあります。
             全体的にスッキリとしたキッチンに仕上がりました。
            施工事例comments(0)trackbacks(0)|-|by 快適生活応援隊長

            県有施設自主点検

            2011.09.06 Tuesday
            0
              JUGEMテーマ:防災



               本日は、県有施設の自主点検を行いました。
               これは災害時における応急措置業務等に関する協定に規定される自主点検です。毎年県内にある県有施設ごとに各業務担当者が日程を調整して行っています。当社の担当は、滑川市内にある富山県農林水産総合技術センター 水産研究所(旧 富山県水産試験場)です。他の2業者とともに施設の給水設備の担当をしています。
               他には建築主体、電気設備、空調設備の担当業者も加わり、施設担当者の立会のもと施設を順番に見回りました。
               水道量水器の漏水の有無、給水ポンプまわりを点検した結果、異常はありませんでした。
               建築主体、電気設備、空調設備からは、一部指摘事項がありました。手直しできるものから、経過観察をするものまでさまざまです。
               施設側の総評として、指摘事項に関して一応の対応をするものの予算が厳しい状況で、なかなかメンテナンスに手がまわらないようです。壊れてからでないと対処できないことも多いようです。
               水産研究の施設のため、海に近いことや海水を使用することもあり、建築物も設備も傷みやすい。放っておけば、事故にもつながることもあります。
               聞くところによると、来年は懸念されていた錆びた鉄骨や老朽化した設備を撤去することが決定しているようなので、危険因子を除くだけでも施設は安全に一歩近づくと思われます。
              社会貢献comments(0)trackbacks(0)|-|by 快適生活応援隊長

              TOTOショールーム商談会

              2011.09.04 Sunday
              0
                JUGEMテーマ:TOTO

                 

                 9月3日、4日とTOTOショールームにおいて「住まい展」という住宅設備関連の商談会が開催されました。日頃取引している管材問屋の(株)山田商会さんの企画です。(TOTO富山ショールームTOTO高岡ショールーム同時開催)
                 お客様を連れてショールームへ行きました。今回水まわりの全面改修を予定しておられるので、浴室(ユニットバス)とシステムキッチン、その他洗面台や便器等を見に行かれました。特に、キッチン、ユニットバスは、半オーダー品でお客様のご希望に応じて組み合わせていくタイプなので、見本や専門アドバイザーがいるショールームが適しています。
                 しかし、ショールームを利用するのも距離の問題もあり、何かのきっかけがないと足が向かわないのも事実です。こういった企画は、お客様を連れていく良い機会になるともいえます。
                 一通り見回った後、イメージや部屋の大きさを考えて商品を選定。それから具体的に打合せをしていきます。なかなか家族の意見も合わず決まりません。これは毎度のことので想像したとおり時間がかかります。
                 約半日をかけて何とかプランの叩き台ができ上がりました。これから、実際に家の間取りと照合しながら商品を決定していくことのなります。(これからが大変。。。)
                 商談会の売りである大抽選会でお客様もサイコロを振って景品をプレゼントされ、ショールームからお土産ももらい、喜んでおられました。実際に商品に触れてみることでイメージができたようです。
                日常comments(0)trackbacks(0)|-|by 快適生活応援隊長
                 

                ページの先頭へ