うちのお風呂には、”ほっ”が不可欠なんです

2012.02.07 Tuesday
0
    JUGEMテーマ:リフォーム
    JUGEMテーマ:TOTO
     
     TOTO de しあわせ劇場 〜バスルームにて〜

     「いつか、やるんじゃないかと思っていたけど・・・」
     息子の大きなたんこぶをなでながら妻に話しかけた。妻も心配そうにうなづいている。
     今年5歳になったばかりの息子はとにかく元気が良い。それは親としてありがたいことなのだが、今日、入浴中にタイルで滑って頭を打ちつけてしまった。

     「あなた、うちの浴室もリフォームしない?お義母さんもくることだし、」と妻が言う。
     来年から僕たちと母と一緒に暮らす予定なのだ。
     妻の話では、近所の村田さんが足腰の弱ったご両親と暮らすことになり、浴室を『ほっカラリ床』に変えたそうだ。床が畳のように柔らかいらしい。
     「畳はいくらなんでも大袈裟じゃないの?」
     またいつもの受け売りかとタカをくくっていたが、なるほど、これは柔らかい。濡れていても滑りにくい。ショールームで説明を受けた後、これでほっと安心ね、と妻の表情も明るくなった。
     まあ、これなら息子がまた転んでケガをすることもなさそうだし、問題なく母さんを迎えられそうだ。
     「あの子元気っていうより、むしろそそっかしいのよね。いったい誰に似たんだか・・・」と、妻が軽く僕を責める。まあ、その通りだ、たしかに僕は子供のころから少しおっちょこちょいなのである。
     「ほっカラリ床ってあなたのためにもあった方がいいわよね。」
     僕にそう追い打ちをかけると、妻はさっさと自動改札機を通り抜けようとした。だが、すぐに大きなチャイムが鳴り響きゲートが閉じた。
     妻は振り向きざま、周囲の目も気にせず大きな声で僕にこういった。
     「銀行のキャッシュカードで通ろうとしちゃった」僕は心の中でそっと呟いた。
     『あのさ・・・、やっぱりあの子は僕らふたりに似たんだよ』と。
     そしてなんだかうれしく、ほっとした気分になった。


    定期健康診断

    2012.02.06 Monday
    0
       毎年行っている、社内健康診断を実施しました。本日5日と明日6日に分けて行います。場所は、厚生連滑川病院の健康管理センターです。政府管掌健康保険生活習慣病予防検診であり、半日の人間ドッグのようなものです。
       検便(事前採取)、検尿から採決、身体測定から始まり、肺レントゲン、視力、聴力、血圧、心電図、胴囲、内視鏡(胃カメラ)などで、生活習慣の見直し、改善から3大疾病(癌、心筋梗塞、脳卒中)を予防するものです。
       普段からの生活がもろデータとして現れるので、検診する者がだいたい落胆しています。昨年よりも結果が悪くなるとやはり落ち込みますね。
       結果内容は1ヶ月後届きます。 


      ライフライン緊急補修

      2012.02.04 Saturday
      0
        JUGEMテーマ:水道

         今朝出社するなり、近所の路上から漏水です。ライフラインである配水管がパンクしています。真っ白な道路がそこ周辺だけ、くっきりアスファルトが見えています。
         昨日の寒さに耐えられなかったのか、それより以前から漏れていたのが今日出てきたのか、どちらにせよ緊急修理となります。

         まずは、こういう真冬に出動することが少ないので、機械、機材の準備が大変です。雪に埋もれていたり、バッテリーがあがっていたり、準備に結構時間を費やしました。少し油断していました。日頃から機械のメンテナンスも必要ですね。
         そして、通行車両のために現場周辺の除雪作業をして修理開始です。水道局は、断水に備えて近隣住民にアナウンスを行っています。

          

         雪の降り咲くる中、勘で管を探します(^^;)
         仕切弁で水量を絞り、破損した管を露わにするまで時間を要しつつも、掘った場所もほぼピンポイントで正解!!見つかりました。
         破損した部分を切り取り、新しい管に交換して終了。

         終わったとたん、雪は降り止みました。(世の中そんなもんです^^;)


        この冬一番の寒波

        2012.02.03 Friday
        0
           
           全国的に記録的な寒波が襲来しています。
           今朝は、この冬一番の寒波です。凍結のため一部の蛇口からは水が出ません。おそらく修理の依頼が来そうな予感。
           案の定、午後一番に水道管パンクの修理依頼が来ました。



           現場を確認したところ、簡易水栓便所の露出配管がパンクしていました。この仕事は、よく改修工事業者が突貫でやっていくもので、決して良い仕事とはいえません。とはいえ、凍結防止帯(水道管にらせん状に巻いてる黒い帯のようなもので、電気を通して温めます)が巻いてあるのに、凍結するとは。。。
           ん?凍結防止帯のプラグがコンセントに差し込んでない。どうりで凍結するわけだ。お客様に聞いたところ、「何の線か分からない。電気代もかかるし。。。」
           しょうがないですね。

           そして、まずは水を止めないといけません。しかし、水を止める水道のメーターボックスは屋根雪の下に。。。しかも2m以上積もっています。。。
           お客様の「このあたり」の記憶を頼りにひたすら雪かき。「そんなに奥でない」という声もありますが、「意外と感覚が変わるし、普段見ているようで見てないんですよ」と問答しながら、メーターを発見!!
           みなさん、前にも述べましたが、メーターの位置は普段から確認しておきましょう

           水が止まれば、直すのは簡単です。無事終了しました。


          雪による被害拡大

          2012.01.30 Monday
          0
            JUGEMテーマ:住宅設備の改善とメンテナンス、修理の知恵

             雪も例年になく降り続き、それによる弊害が出てきています。過去には、今以上に降っていたのは確かなのですが、その頃はどうしていたのでしょう?
             まだ1週間は降り続くとの予報もあり、どこまで積もるのか心配が絶えません。
             ただ、積もるだけなら良いのですが、積もればその分被害も出てきます。屋根雪の重みで家がつぶれそうになったり、窓ガラスが割れたりしますので、注意が必要です。
             住宅設備も例外ではありません。今回は給湯機の煙突(正確には排気筒と言いますが、ここでは「煙突」にします)が屋根雪の落下で破損しました。



             もともと煙突自体、ステンレスの薄板などを筒状にしたものですので、外力が加わればすぐ変形してしまいます。勢い良くぶつかれば、破損するのは仕方ありません。しかしそれをいかに耐えられるようにするのかというのも課題です。



             このお宅は給湯機が強制排気型の給湯機に替えたので(以前は自然排気型のものだったので屋根まであがっていました。)、屋根上まであげる必要がないのですが、今回はお客様から現状復旧との要望がありましたので、元通りにしました。「また同じようになるかも。。。」と一言だけ助言しましたが、その時考えるとのこと。
             あとは丈夫持たせるかという課題ですが、まずは従来よりも厚みのある煙突にします。丈夫で長持ちといったところでしょうか?
             次に煙突のジョイントをビス止めします。外れないように3本以上ビスで止めます。
             これにより今までよりは丈夫になったと思います。雪が直撃すればわかりませんが。。。
             


            calendar
              12345
            6789101112
            13141516171819
            20212223242526
            2728293031  
            << October 2019 >>
            Welcome
            ジオターゲティング

            ジオターゲティング
            selected entries
            categories
            archives
            recent comment
            links
            profile
            search this site.
            others
            mobile
            qrcode
            powered
            無料ブログ作成サービス JUGEM
            2008JUGEMキャラコングランプリ
            キャラクターデザイン:磯崎洋助/「おしゃれひつじ」